任天堂と環境保護の評価

環境条件団体のグリーンピース、あなたもニュース等でごぞんじの団体だとおもいます。

グリーンピースは、ワールドの大手製造者を対象とした、環境条件保護に対する姿勢を評価し、ランキングしています。

専門業者がどれだけ環境条件に対して真剣にかんがえ、実行しているのかを評価するもので、生産品に使われている有害物質に対しても調査して、評価がされるやうです。

事実に、専門業者の生産品に含まれた有害物質等を測定し、専門業者の姿勢を評価しています。

2007年、ここで任天堂は、10点中0点と言うことで、最下位となってしまいました。

大手の製造者ではないと、この対象にならないのですが、任天堂は、ゲーム市場で急速に拡大している専門業者と言うことで、この年から調査の対象となりました。

市場TOPにいる任天堂が、こうした評価をされてしまうこと言うのは、たいへんガッカリなことです。

翌年、2008年、グリーンピースは任天堂に対して、0点から、0.3点と採点しました。

この評価に対して、グリーンピースは再三に渡り、任天堂に生産品に対して、どんなポリシーなのかと回答を求めていましたが、返答はないと言うことでした。

0.3点は前回より0.3プラスになっていますが、これは、オフィシャルサイトのFAQで“リサイクルに対して”が追加されたことによるプラス点だったとしています。

2008年には、任天堂は0.8点を獲得しましたが、まだまだ最下位です。

マイクロソフトや、東芝などの大手専門業者も、低めのままだやうです。

任天堂はこの年の4月に、環境条件問題等、実一般世間に対しての取り組みをCSRレポートとして発行しました。

任天堂と環境保護の評価続き


2009年4月、再びグリーンピースは、任天堂を最下位評価としました。

10点満点中の0.8点で、これも又、最低評価となりました。

グリーンピース側の意見としては、禁止薬物であるフタル酸類、アンチモン、それから、ベリリウムの使を対象としてついて監視しています、。

任天堂は“塩化ビニールを利用することを全廃する”としていますが、その期限をもうけていません、。

それから、毎年、2パーセントのCO2それ以外、温室効力ガスを削減したケース任天堂は公表していますが、2006年の時点では、6パーセントも増加していたやうです。

2009年7月には、任天堂の評価が1点にUPしました。

ですが、まだまだ最下位であること言うのは変わりません。

任天堂は、ゲーム機の内部配線に使われている、“ポリ塩化ビニール”を取りやめました

このことが評価され、0.8点から、ちょっとだけ上がり、1点になりました。

以外にも、フタル酸類アンチモン、ベリリウムなどの物質に対して、取りやめる期限をもうけていないことが低めの評価となっています、。

2009年11月は、さらに少しだけ上がり、任天堂は1.4点と評価されました。

DSiのACアダプタが関係していて、このエネルギー効率が点数UPの原因だったやうです。

エネルギースタープログラムと言うものがあるのですが、その要素にこれが適合しているので、評価がUPしたと言われています。

公的機関が出している評価ではないので、これをどう受け止めるかは専門業者次第ですのでしょうが、環境条件問題に対しての取り組みは、おのずと、専門業者想像に繋がっていくのが近頃の流れでしょうから、これらの評価も真剣に受け止め、改善することが、消費者の想像UPにも繋がるのだろうとおもいます。

タグ: , , , ,