任天堂のエピソード

任天堂は評判がある専門業者です。

ソフトのおもしろさや、ゲーム機のおもしろさだけでなく、バックUPに関連しても評判が有ります。

任天堂は、お客さんへのバックUPの素晴らしさにも定評がある会社で、ニッポンだけでなく米国などの任天堂も、多様なバックUPをしており、時々、神対応と呼ばれるくらい良い感じのバックUPをしているやうです

それがトピックになるケースもあり、それはそれで専門業者想像がUPする良いPRになるのだとおもいます。

さて、オーストラリアでトピックになったエピソードがありました。

学校の授業で、手紙の研究をしていた11才の女の子が、課題として手紙を書きました。

相手は任天堂だったやうです。

その女の子から手紙を受け取った任天堂は、彼女にDSを贈ったと言うことで、この対応に感動した人が多かったのでしょうか、この話は広く知られるようになりました。

では、その女の子の書いた手紙は、どのような中身だったのでしょうか

ちょっと気になりますよね。

任天堂の担当者が、心を動かされた手紙の内容は、親がDSを買ってくれないと言う内容だったやうですが、その書き方が可愛らしいと言いますか、子供らしいと言いますか、これなら、私が担当者だったとしてもDSをギフトしたくなっちゃいます。

女の子の名前はヘレンと言って、小学6年生でした。

彼女は任天堂の大ファンであって、任天堂の全部の生産品は、関心深く、楽しいものだと手紙で褒めていました

出現日に親にもらったWiiのことも書かれていました。

そして、DSを買ってあったら嬉しいとお願いしているが親から拒否されていること等が書かれていました。

任天堂のエピソード続き


彼女が言うには、DSのゲームはみんな楽しそうで、関心をそそりますが、Wiiには自分のおお好みなゲームがない、と言うことでした。

そして、DSを買ってくれないことに、がっかりしていると。

最後に、彼女は任天堂の大ファンであって、DSがあったら嬉しいと、ストレートに書かれていました

この手紙を受け取った任天堂は、彼女に出した返事はこんなものでした。

“お手紙ありがとうございました

手紙を読んで、たいへん感心しました。

あなたと、クラスメートが、DSを楽しめますように!”この手紙に添えて、DSを送ったやうです。

彼女も実にDSがもらえるなんて、思っていなかったとおもいます。

きっと大喜びしたにちがいございませんよね。

外国ではこの任天堂の対応がトピックとなり、多様なサイトで取り上げられ、トピックになりました。

人々の感想もいろいろありました。

例えば、“こういうことに応えてあげるのはクールだ!”とか、“会社に手紙を書くと、生産品がもらえるの?”とか驚きの声もありました。

以外にも“男性が女の子のふりをしているのではないのか?”等と言う批判的な意見もありました。

“任天堂はこの一件で、DS1個の価値以上、専門業者PRが出来た”と言う感想もありました、。

きっと、この一件のあと、同様のことをした人もいたのではないでしょうか?だとしても、これは、むくな子供が書いた手紙だから、任天堂の担当者もDSをギフトしたいテンションになったのだとおもいます。

タグ: , , , ,