任天堂と年齢制限ソフトその1

任天堂は昔、ソニーにTOPを奪われたあと、DSの市販後から、再びTOPになるほどさらに成長したのは、何が原因だったのでしょうか?それは何といっても、ターゲットのチェンジだとおもいます。

チェンジと言うか、ターゲットを拡大したことが達成の原因でしょう

昔からあったゲームは、どうしても子供のプレイ道具と言う想像ありました。

ファミコンにしても、スーパーファミコンにしてもやうですよね。

昔は、私たち大人、特に中年層以上になると、どうしてもご家族用ゲーム機を熱意にはなれなかった人が沢山とおもいます。

携帯ゲームもやうですが、関心はあまりなかった大人が大半でしょう、。

これらの関心がなかった年齢層、女の人たちがターゲットとなったことで、市場規模が広がって行ったのです、。

任天堂側も、その点に対してこみたいにコメントしています。

“任天堂の生産品には、年齢、性別、関係なく、誰もが楽しめる”まさに、その通りだとおもうのです。

しかも、ゲームをしている間、たいへん楽しい時間を過ごすことが出来ますし、なんとなく幸せなテンションも味わえます。

ですが、ゲームのなかには、多様な表現がされていて、全部が楽しいソフトかと言えば、そうではございません。

残忍なゲームも、恐怖感の味わえるゲームも有りますよね

たとえば、昔は、対戦とか、1対1で行なう格闘ゲーム等は規制対象となっていました。

任天堂は、こんな規制対象となるゲームは作っていません。

例えば、おチビちゃんたちが見ることになるゲームですので、ポルノ系や、暴力等を演出するゲームは作っていません。

任天堂と年齢制限ソフトその2


こんな作品の市販はあとあともしないと任天堂は言っています。

ですので、任天堂の想像として、“健全なソフトを創り出す会社である”と言う良い感想や感覚方が有りますよね。

事実のところはどうかと言うと、任天堂から売り出しされているゲームソフト、この大半がCERO基準の全年齢対象となっていて年齢制限はございません。

よくゲームソフトで14禁とか18禁などといったものが有りますが任天堂のソフトなら安心と言ったところでしょうか。

こんな点から見ても専門業者の想像は大切だとおもいます。

それまでの専門業者の姿勢や、努力が消費者に把捉してもらえている証拠ですよね。

この、全年齢向けの姿勢ですが、低年齢向けとかんちがいされることがありました。

事実にも、NINTENDO64や、ニンテンドーゲームキューブは、使い手の低年齢層に片寄っていました

そうした中、ソフト開発会社のなかには、それを理由に任天堂から離れる会社もあったやうです。

ですが、その後、ニンテンドーDS、大ヒットのWiiなどの売り出しによって、その低年齢向けの想像も変化してきました。

全年齢向けの想像も広まってきた収穫、サードパーティーも新規に参入しているやうです。

こうして、専門業者想像もキープしながら、年齢制限のないソフトを売り出ししてきた任天堂ですが、ちょっとトピックになるような表現のものも中にはありました。

例えば、評判の“ゼルダの伝説”シリーズ

MOTHER3のなかで狂気、または無情な描写等がやうです。

任天堂と年齢制限ソフトその3


それから、“ピクミン”等で表現された無邪気な残酷さも、トピックになりました。

子供には大評判のゲームでしたが、大人の間だとしてもトピックになりました。

テレビコマーシャルの感想や感覚方も強力に、私もゲームを持っていませんがコマーシャルを見て内容をよく覚えています。

顕現るのはキュートなキャラクターですのですが、ゲームのなかでは、残酷なことをしますよね。

おチビちゃんたちが大おお好みな“ポケットモンスターダイヤモンドパール”の中だとしても問題になった表現がありました、。

そのなかでセクハラ的表現があったそうで、それらは、制限されていなかったやうです。

そして、さらには、2010年2月に売り出しの“斬撃のレギンレイヴ”もトピックになったゲームですよね。

任天堂としては初の、D対象ソフトとなりました。

Dと言うのは、17歳以上対象となってきます

これは、大量の出血や、切断等残酷で過激なシーンがあるゲームでした。

年齢制限のあるゲームなら、それにしたがってオーダーするでしょうが、制限のないゲームは、お子さんがやっているのを親御さんが見て、“これは子供に与えたくないソフト”だとおもうことがあるかも知れませんね。

たとえば、お子さんはその表現をよく分かっていないこともあるでしょうから。

年齢制限がされていないようなポケモンでさえ、問題になるような表現があるのですので、任天堂のソフトなら安心と思っている人が知ったらビックリかも知れませんね。

ですが、任天堂もそこまでは制限していないやうですので、年齢対象がないゲームであるのなら、最後はごご家族の判断なのかも知れませんね。

タグ: , , , ,