任天堂とマジコン

あなたはマジコンと言う言葉を耳にしたことがあるでしょうか?これは、テレビゲームなどのゲームソフトを複製(コピー)したり、バックUPしたりすることによってす。

それから、そのコピーや、想像ファイル等をゲーム機で起動可能なようにするマシーンの総称です。

これらをマジコンと呼びます。

例えば、近頃、売り出ししたばっかりのゲームソフトがあるとします。

いち早急に、そのゲームをやりたくても高くてオーダー出来ない人もいるでしょう。

そうなると、それをネットでダウンロードして、違法なマジコンを使用して遊ぶ、こういう行為があるのです。

我が家にはあいにく、このマジコンはございませんが、あなたの近所のおチビちゃんたちもやっているかも知れません。

当然、大人も好んで使用している人もいるでしょう。

こんな状況はゲーム市場にとって問題の種となり、対策としてマジコンを使ったケース、ゲームを先に進めなくする仕掛け等が入れられているやうです。

名高いところで、ドラゴンクエストシリーズでこんな対策をしたと言うことがトピックになりました

ですが、対策をたいへん、マジコン問題は、いたちごっこだと言われています。

こんな中、任天堂は、“ポケットモンスターハートゴールド”と、“ポケットモンスターソウルシルバー”で関心深い対策を取りました。

それには、“ポケウォーカー”と言われているガジェットが付属しています

小ぶりの万歩計システムにプラスして、赤外線通信システムを採用。

DSから、中にいるポケモンを連れ出し、伴に歩けるシステムを任天堂は新しく生み出しました。

任天堂とマジコンその2


歩けば歩くほど、そのなかにポイントとして、ワットが貯まるシステムです。

このワット数をためるとそれに応じて新しいグッズがもらえます

ワットでポケモンを捕まえることも出来ます、。

ワットをためると、持っているポケモンが段階UPすることも出来ます。

お友達も持っているケース、ポケウォーカー同士で通信も可能ですのです。

こんな楽しいゲーム、しかも大おお好みなポケモンのゲームですので、おチビちゃんたちが食いつかないはずがございませんよね。

テレビゲームと言えば、どうしても子供が家でゲームばっかり、長い時間してしまうことが、親の問題の種でしたよね。

ですが、あとあと言うのは、これで外に出る子供も増加するでしょうね。

外にプレイに行くことが、ポケモンを育てることなって、歩行まわる子供が増加したと言われています

こうなれば、ポケウォーカーを持っていない子供は伴に遊べなくなってしまいます。

当然、マジコンで遊んでいる子供はポケウォーカーを持っていません。

ですので、ポケウォーカーで通信して遊ぶことが出来ないのです。

こうなると、正規のソフトを買うことが必須となってきます。

従って、こうすることによって任天堂にとっては、違法なマジコンへの対策となったわけです。

任天堂は、マジコン対策の為、ポケウォーカーを付けたわけではないやうです。

ですが、収穫、マジコン対策にもなり、しかも、外で遊ぶ子供が増加したら一石二鳥でしょうね。

コピーで良いのか、本物が良いのか。

本物だけにしかない特典がメリットなソフトですね。

任天堂とマジコンその3


さて、マジコンと言えば、オランダ、ハーグ地方裁判所で任天堂が、マジコンの輸入市販を提訴した事件がありました。

任天堂が、11つのオンライン市販業者を提訴した裁判ですが、収穫、裁判所は、任天堂側の主張を認めました。

提訴された業者ですが、それまで、任天堂Wiiや同様に、任天堂DS等で遊べる、違法なゲームを扱ってきました。

業者側は、任天堂が公正ではない、市場競争を行っているからと主張しましたが、それは認められませんでした。

この度の判決に対して、任天堂側のコメントはこうです。

“任天堂は、この11つの市販業者に対して下された判決を歓迎します。

業者はDS向けのマジコン、Wii向けのモッドチップ等を、輸入して市販をしてきました、。

これらの機材は、“海賊版を防ぐ”と言う、任天堂の技能的取り組みに挑戦したものです。

こうした取り組みを、“公正ではない”と主張する業者らを、裁判所が認めなかったことを歓迎しています。

任天堂はワールド中で自社のIP保護に務めています。

そして、違法ダウンロードされたソフトを、使える機材の流通と戦っていきます。

任天堂は自社の為だけじゃなく、多くの時間、多くの資金を投入し、任天堂プラットフォーム向けに、新しいゲームを創り出す沢山のパートナーの為、そして、任天堂ブランドを“良質の生産品”と認めてくれるワールド中の使い手の為に、行動します、。

”以上のコメントから見ても、ゲーム市場は常に海賊版と戦うことが使命のやうですね。

評判があるソフトやゲームはどうしてもコピーが出回ってしまう、これはいたちごっこで完全に取り締まること言うのは難しいやうです。

ですので、こうして市場側が毅然とした態度で厳しく対処していくしかなさやうです。

タグ: , , , ,