任天堂と訴訟問題

任天堂はたいへん名高い製造者であって、その品物もヒットすることから、他社がそれをまねして特許侵害になっている事件も沢山やうです。

または、他社が“うちの技能をまねした”と任天堂を訴えるケースも有ります。

ここでは、任天堂のコントローラの件で、特許侵害訴訟になったお話をご案内しましょう。

任天堂は、評判ゲームである、“Wii”や“GameCube”のシステムの元となる技能に使われていた特許では、賠償金支払い命令が下されました。

この訴訟では任天堂が相手の会社に対して、2100万ドルを支払うと言う判決が下されました

その相手会社と言うのは、テキサス州の“Anascape”です。

この会社、2006年に任天堂を相手に訴訟を起こしました

そして、テキサス東部連邦地方裁判所は、Anascapeに軍配を上げたのです。

任天堂はこの判決を不服とし、控訴したケース言いました。

それから、裁判所の評決した額面は不服であって、あとあと、大はばに引き下げることを期待しているやうです。

任天堂側からしていれば、その額面、2100万ドルと言うのは、不正確な計算で出されたもので、明確算定になれば、賠償金も大はばに少なくなるはずだと言っています。

Anascapeは、任天堂の一体、何に対して、どんな理由で訴えたのでしょうか?それは、Wiiのリモコン、Wiiのクラシックコントローラ、Wiiのヌンチャク、ゲームキューブを対象としたコントローラに対して、これらが米国の特許を侵害していると言っています、。

任天堂の訴訟問題その2


この米国の特許と言うのは振動システム付き3Dコントローラであって、これは、2000年11月に申請されていました。

さて、この言い分に対して、陪審がどみたいにかんがえたのかと言いますと、Wiiリモコン、ヌンチャクコントローラは特許を侵害していないのですが、Wiiのクラシックコントローラ、ウェーブバードそれからGamecubeのコントローラは、この米国の特許を侵害していると言うことになりました、。

任天堂は、裁判に使われた書類のなかには、同特許を侵害したとなる十分な証拠がないと言っています。

この、Anascapeの特許申請の前にも、2000年10月、米国で売り出しされたソニーの“DualShock2”コントローラ、ほかの諸発明があったことから、この特許は無効であると任天堂は主張しています。

この会社、Anascapeは過去にも、同様に特許問題でMicrosoftも提訴していましたが、裁判が審理に入る前に和解しています。

大手になると審議の前に和解してしまうところもあるのですね

この審議を行ったテキサス東部地区地方裁判所は、ほかと比べて、審理が早いことで知られていますが、以外にも陪審が原告側に有利になっていることでポピュラーです。

こんな理由で他の地裁と比べても、特許訴訟が沢山ことで知られています

だけど、これって関心深いですよね

裁判所によって、そんな特色が出ているなんて。

それを応用してここで訴訟を起こす人や、訴える会社が沢山のは納得です。

任天堂の訴訟問題その3


さて、その裁判の行方ですが、最終的に任天堂の逆転勝利となりました。

米連邦高裁は、任天堂が訴えられたコントローラ関連に対して、任天堂は特許侵害をしていなかったと言う判決を下しました。

米国、テキサス州に存在する、Anascape社が、任天堂に対して、自社の特許を任天堂が侵害したとして、訴訟問題になっていました。

これは、任天堂が売り出ししているWiiのコントローラのアナログセンサーや、フォースフィードバック等、振動メカニズムに関連して利用を差し止めるよう、その利益の支払いを求める訴訟でした、。

2008年の初めの判決では、Wiiリモコン、それにヌンチャクには問題ないとされましたが、クラシックコントローラ、そして、ゲームキューブのコントローラ、ウェーブバードには確かに特許侵害があったとされ、2100万ドルの支払いが下されていました。

ニッポン円にしてみると19億6000万円ほどですので、この額面は膨大です。

任天堂がこの判決を不服とし、より一層控訴したのですが、この度は勝利となったわけです。

米国任天堂の法務顧問であるRickFlamm氏も次のようなコメントを残しています。

“この度の判決は、自社、任天堂に特許侵害がなかったことをちゃんと確かめるもので、潔白が認められました。

”Anascape社は、任天堂の訴訟の前、マイクロソフトにも特許侵害で訴えていましたが、マイクロソフトのケース、審理の直前、和解したやうです。

タグ: , , , ,