任天堂がソニーに負けた理由

ゲーム市場でのシェアが常にTOPだった任天堂も、ソニーの進出でその地位は不動ではなくなりました。

ファミコン、それから、スーパーファミコンと言えば、ご家族用ゲーム機では、任天堂は、TOPシェアです、。

これほどの業績を残している任天堂、実は、そのTOPは、1994年に新規参入したソニーにいったん譲ることになりました。

ソニーコンピュータエンタテインメントが売り出しした、“プレイステーション”がその原因です。

ソニーがゲーム市場に新規参入を活発化するため、打ち出した規制緩和策も背景に有ります、。

そして何と比べるとソニーが仕掛けた、ゲームが子供のプレイ道具、と言うことからの脱却だとおもいます。

ゲームの表現性を強力に重視していた、評判シリーズ、“ファイナルファンタジー”を製作しているスクウェアも任天堂から離れてしまいました。

任天堂のハードいついてスペック(システム)不足と言う理由ですが、このこと言うのは、任天堂がTOPから落ちてしまう流れの始まりと言っても良いでしょう

実は、ソニーがプレイステーションを出した、契機と言いますか、引き金を引いたのは任天堂だと言われています

ソニーは昔、任天堂と共同して、スーパーファミコンを対象としたCDロム機を創り出していました。

この契約はすでに交わされていて、昔からオリジナルでゲーム機の開発、ゲーム市場への参入をかんがえていたのではございません。

ですが、任天堂は、この契約、一方的に破棄したと言います。

このことから、ソニーがオリジナル生産品を開発、売り出しすることとなったのです。

任天堂がソニーに負けた理由その2


任天堂がソニーの参入でTOPから落ちた原因にはこんな背景がありました。

ですが、原因は他にもありました。

任天堂のかんがえ、量より質と言う点も原因になっています。

例えば、低品質であるゲームの氾濫を防止するため、サードパーティーを厳選したこと、市販ソフト数を制限したこと等もそうでしょう。

時代の流れに沿って、他の会社は、メディアとして、生産性が高い上に安いCDロムに移行していました、。

その中、任天堂は割高なロムカセットをまだまだ採用していたことも原因に有ります。

収穫、ソフトも高くなってしまったやうです。

品質を求めること言うのは良いことだとおもいますが、ニーズと食いちがいが出てしまったと言うことですね。

多様な原因があったことで、スーパーファミコン時代を伴に築き上げてきた、サードパーティーが任天堂から離脱する形となりました。

そうなると、任天堂に残ったのは、古くからの製造者等、実に限られたパートナーだけでした。

そして、ついに、この状況下、プレイステーションに対抗するように、ロムカセットを媒体とした、NINTENDO64を売り出ししました。

このゲームでは、評判のスーパーマリオ64やゼルダの伝説シリーズ等、任天堂ブランドのソフトがヒットしました。

ですが、シェアで見ると、沢山のサードパーティーを持っているソニー、プレイステーションにかないませんでした。

ここで、古くはファミコン売り出し以来、ずっと守ってきたハードシェアTOPの座をソニーに、引き渡すことになったのです。

任天堂がソニーに負けた理由その3


2001年に任天堂は、松下電器産業と共同の開発を試みました。

それは、次世代機と呼ばれた、ニンテンドーゲームキューブです。

これには、オリジナル規格である光ディスクを採用しました。

ですが、この売り出しはプレイステーション2が売り出しされてから、さらに1年半も後でした。

時間がたち通り越していたことと、プレイステーション2に存在する“下位互換性”が無いこともゲームキューブの問題点でした。

より一層、慢性的にソフトの種別がわずかこと言うのは、未だ改善されなかったのです

こんな原因から、プレイステーション2には勝てませんでした。

これで、64とゲームキューブ、2つにわたってゲームの任天堂は敵対ソニーに敗れてしまったのです。

任天堂はゲーム機に必要な“プロセッサ”と言う箇所を、IBM等に外注しています。

この為、チップ原価が変動することがあまりございません。

そうなると、本体価値を下げることも難しいですし、さらに、設計における自由度もソニーと比べて不利だと言えます。

この点、ソニーは、プロセッサを自社創り出しています。

そして、ソニーグループの半導体作製工場でそれを作りますから、生産量が増えます。

大量に創ることが出来ることなら、チップの原価が下げられる見込みが出てきます。

価値も設計も自由に出来ない任天堂と、それが出来るソニー、両者に差が出てくるのは当然でしょう。

大手専門業者でいくら市場ナンバーワンと言っていても、その座を守ること言うのは、かなりの専門業者努力が必要ですのでしょうね。

時代の流れ、時代のニーズもあるでしょうから、それで生き残れない専門業者が出てくるのも手法ないですね。

そこで、ソニーに負けてしまった任天堂も巻き返しを期待したいものです。

タグ: , , , ,