任天堂の成長と失敗


今は任天堂とくれが、誰でもが家庭用のゲームを思い浮かべるでしょうが、昔は任天堂と言えば花札でした。

任天堂は、もともと、京都で花札屋として創業。

当時は玩具専門業者でした。

この会社名、ちょっと関心深いですが、どんなゆえんですのでしょうか?“人事を尽くして天命を待つ”と言うことらしいです。

“運を天に任せる”と言うゆえんもあるとか、ないとか、そんな説も有ります、。

第二次ワールド大戦前、任天堂は、ニッポン専売公社、近年のJTと手を組みました。

それは、煙草と同じ箱の大きさで、花札、カードゲームを全国市販することによってす。

二次大戦後、1949年に社長である山内氏が急逝しました。

そして、孫である山内溥氏が22歳で社長に就任しています

当時は、社長の年齢もあってか、100名あまりの任天堂社員がストライキを起したといいます。

ですが、この若い社長の発案によって、プラスチック製トランプを初めて作製しました。

こうして、国産カードゲーム、ボードゲームを創ることに力を入れました、。

このことで、任天堂と言う専門業者が成長したのです

当時の成長ぶりと言ったらすごかったやうです。

ですが、その後、育児用のベビーカーから、育児関連用品、はたまた、タクシー業界にも手を出しました。

ホテル経営、文具市販等多様な方面の事業に任天堂は進出しています、。

どれも芳しくなく、どれも撤退しています。

この多方面に手を出したことで、巨額の借金を抱えてしまった任天堂でした。

今や、ゲーム市場ではヒット製造者の専門業者だとしても、多方面ではヒット品物は無理だったやうですね

任天堂の成長と失敗続き


これを反省点としたのか
、1970年代頃から、任天堂は玩具事業に専念しました。

“ラブテスター”などの電子技能を応用した、画期的なオリジナル玩具も開発し、作製しています。

そして、これらのオリジナル玩具が、後になって評判爆発の“ゲーム&ウオッチ”に発展していくのです。

1980年に売り出しした、ゲーム&ウオッチは、あなたもごぞんじのこととおもいます。

懐かしい人も沢山のではないでしょうか?今のゲームと比べると画面も小さくて、単純なボタンしなかいゲームでしたが、これは大ヒット品物でしたよね。

そして、1983年にファミコンが出ました。

これも、爆発的に売れ、ワールド中に普及しました。

この生産品で、任天堂は、他の専門業者からゲームソフト作製と市販に対してライセンス制度を導入しました。

これによって、任天堂はゲーム市場をほぼ独占した形となってきます。

これが、近年のテレビゲーム産業の基盤と言えるでしょう。

ゲーム機のハードウェア、または、ソフトウェアの作製市販する専門業者として、任天堂のシェアはワールドTOPです。

1989年に、携帯型のゲーム機、ゲームボーイを売り出ししています。

翌年には、スーパーファミコンを売り出ししています。

これらはどれも大達成でした。

“ファミコン”と言う言葉が、ご家族を対象としたゲームを指すような代名詞となるまで、ポピュラーになりました。

外国ですと、“Nintendo”がビデオゲーム一般を挿す言葉として使われています

こうして、任天堂もファミコンもワールド共通の言葉となり、爆発的な評判、そして好評を集めています。

タグ: , , , ,