任天堂の歴史

今やワールド中でその名前が知られているニッポンの会社、任天堂ですが、この会社の歴史はどんなものでしょうか?1902年にニッポンで、初のトランプ作製をおこないました。

1933年には、合名会社山内任天堂が設立開設しました。

1947年に株式会社丸福が設立開設しました。

それを1951年に任天堂骨牌株式会社と会社名が変更されました。

1953年、当時は画期的だったプラスチック素材が入ったトランプを開発し市販しました。

1959年、トランプの種別として、ディズニーのキャラクターで、トランプを創るため、ウォルト・ディズニー・プロダクションと契約、そして作製、市販しました。

1962年には、株式会社として東証1部に、大証1部にも上場しています。

1963年に、近年の任天堂株式会社と会社名を変更しました。

同様に、この年、大阪証券取引所2部に上場しています。

そして、1973年、1970年に売り出しされていた“光線銃SP”をアーケードゲームとして使おうと、子会社である、“任天堂レジャーシステム”を創立しました。

これによって、ボウリング場の跡地であった立地に“レーザークレー射撃場”を広く展開しました。

1975年には、この子会社、任天堂レジャーシステムが競馬の実写ムービーを利用した、メダルゲーム、“EVRレース”を売り出ししています。

これは、現在では自然にゲームセンターで見られるあの競馬、ゲームですね。

さて、1977年に任天堂は“テレビゲーム15”、そして、“テレビゲーム6”を売り出ししました。

任天堂の歴史その2


1978年には、任天堂レジャーシステムが、初のアーケードゲーム式であるビデオゲーム“コンピューターオセロ”を売り出ししました。

同年、3種別のブロック崩しが出来る“ブロックフィーバー”を売り出ししています。

1979年、任天堂レジャーシステムは、あのスペースインベーダーのコピーゲームである、“スペースフィーバー”を売り出ししています。

80年代に入ると、より一層ゲーム市場に追い風が吹いて来ます。

1980年、任天堂は“ゲーム&ウオッチ”を売り出しします。

これによって、ワールド中に電子ゲームブームが発生しました。

この波に乗って、任天堂はニューヨーク州に現場法人を設立開設しています。

そして、1981年には、あの名高い“ドンキーコング”が売り出しされました。

その翌年、1982年には、NY現場法人の規模を拡大しつつ、ワシントン州のシアトルに移転させています

1983年には、近年のご家族用ゲームの原点となる、ご家族用ゲーム機を売り出しします

このゲーム機は、あなた、ごぞんじの“ファミリーコンピュータ”です。

通称、ファミコンと呼ばれ、これは後にゲーム市場で任天堂が不動の位置づけになる画期的な品物でした。

ソフトにも恵まれた、このファミコンはワールド中で大ヒットしましたよね。

そして、1983年に、任天堂は子会社、任天堂レジャーシステムを吸収合併しました。

この年、公正取引委員会は任天堂に対して、“電子玩具の小売価値を守っていない業者”へ出荷することを停止しました。

任天堂の歴史その3


ようするに
、こんなこと言うのはヤミ再販として排除勧告が出されたのです。

翌年、1984年、アーケードシステム基板となった“任天堂VSシステム”を売り出ししています。

そして1985年、任天堂は更なる評判ソフト、“スーパーマリオブラザーズ”を売り出ししました。

このファミコン用ソフトは爆発的な評判でした。

近年もキャラクター、ゲームともワールド中で愛されていますね。

ですが、1986年“VS. スーパーマリオブラザーズ”をラストとし、任天堂はアーケードゲーム業界から撤退しています。

そして、ファミコンを対象とした周辺機材であるファミリーコンピュータディスクシステムが売り出しされました。

同じ時売り出しのソフトは今も評判がある“ゼルダの伝説”です。

より一層、業務用ファミリーコンピュータである“ファミコンボックス”も売り出ししています。

90年後半になると、ゲーム界に又、革新的なゲーム機を任天堂が売り出しします。

1989年に、携帯出来るゲーム機、“ゲームボーイ”が売り出しされました。

子供の間で爆発的評判でしたが、それだけでなく大人だとしても一心不乱になる人が出てきましたよね。

まあ、今のプレイステーションや、PSPほどではないでしょうが、このころから大人もゲームを持ち歩くようになったとおもいます。

1990年にはファミリーコンピュータの後継機が売り出しされました。

ファミコン世代にはたいへん嬉しいゲーム機、“スーパーファミコン”です。

この年、西ドイツ、フランクフルトに、任天堂の現場法人を設立開設しています、。

任天堂の歴史その4


1995年、衛星データによる放送サービスである、“サテラビュー”を開始しました。

これは、4年後の99年4月に撤退しています。

この年、“バーチャルボーイ”を売り出ししています。

さて、1996年には“NINTENDO64”を売り出ししました。

この年、さらに“ゲームボーイポケット”や、“ポケットモンスター 赤”同様に“緑”を売り出ししています。

1997年、コンビニのローソンでゲームソフトを書き換えることが出来るサービス“ニンテンドウパワー”を開始しています。

1998年には、“ゲームボーイ彩り”が売り出しされました。

1999年、インターネットを使用してのゲームに力を入れます。

任天堂は“64DD”を売り出ししました。

これを使ったインターネット接続サービスである、“ランドネット”を開始しています。

ですが、これは、2年後、2001年2月に撤退しています。

2000年、任天堂は本社を近年地に移転しました。

2001年、任天堂は“ゲームボーイアドバンス”、そして、“モバイルアダプタGB”を売り出ししています。

より一層、この年、“ニンテンドーゲームキューブ”を売り出ししています。

この辺は、大人たちもゲームにはまって行ったころでしょうね。

ゲームボーイアドバンスを持っている大人も多かったですので

それにゲーム以外にも多様なソフトがあって、生活に役立つソフトもみるみる出てきましたからね。

そこが昔のゲーム機と違うところですね。

単なるプレイだけでなく、学べるソフトも出てきたのは大きなチェンジだとおもいます。

任天堂の歴史その5


さて、2002年、岩田聡氏が任天堂の代表取締役に就任しています。

そして、3社の共同の開発であるゲーム基板“トライフォース”が売り出しされました。

この年、欧州委員会は、任天堂らが並行輸入妨害を行ったとし、1億6780万ユーロあまりの課徴金を決定しています。

2003年、任天堂は“ゲームボーイアドバンスSP”を売り出ししました。

この年、一世を風靡した、ファミリーコンピュータ、そして、スーパーファミコンの生産が終了されました、。

そして、ファミリーコンピュータ、ディスクシステムソフトの書き換えサービスが終了しています。

より一層、この年は、中国に現場法人神游科技を設立開設しました。

そして、“iQue Player”も売り出しされています。

“クラブニンテンドー”のサービスが開始されたのも、この年でした。

2004年、任天堂は“ファミコンミニ”のシリーズを売り出し開始しました。

この年、“ニンテンドーDS”を売り出ししています、。

我が家は売り出ししたこの年に、子供二人分、これをクリスマスギフトにした記憶が有ります。

こうして振り返ってみると、おチビちゃんたちがギフトとして欲しがる品物も年々、高くなりましたよね。

据え置きゲーム機が主力だったころは、家に一台あれば、子供はみんなそれでプレイましたが、携帯用ゲーム機となるとそうはいきません。

やはり、おチビちゃんたちも、一人一台持ちたくなるのが世の常でしょうね。

さて、2005年、“ゲームボーイミクロ”が売り出しされました。

任天堂の歴史その6


そして、この年には“ニンテンドーWi-Fiコネクション”のサービスが開始されています。

2006年、“ニンテンドーDS Lite”が売り出しされました。

据え置き型ゲーム機である、“Wii”が売り出しされたのもこの年です今やWiiは一家に一台と言っていいほど評判のゲーム機になりましたよね。

我が家にも有りますが、大人から子供までファミリーで楽しめるところが良いですね

この年、任天堂は“バーチャルコンソール”、そして“WiiConnect24”のサービスを開始しています。

2007年、“ニンテンドウパワー”のサービスが終了しました

それから、ファミリーコンピュータ、ディスクシステム、そして、スーパーファミコン、NINTENDO64の修理、バックUPも終了しています、。

2008年、任天堂は“ニンテンドーDSi”を売り出ししました

2009年には、“ニンテンドーDSi、LL”が売り出しされました。

この年、本社近くに存在した京都南ゴルフガーデンの土地、およそ4万平米を取得し、任天堂研究開発施設の建設を検討しています、。

任天堂はこみたいに次々と新しいゲームを開発し、市販してきました。

おチビちゃんたちはみるみる新しいものが出て、嬉しいでしょうが、買い与える親は大変だったでしょう。

当然“我が家は、携帯ゲームを買い与えない”と言う家も、たまに有りますが、そうなると、子供が集まって遊ぶ時に輪に入れないような気がして心配ですよね。

こうした消費者の問題をよそにゲーム市場は日々、進歩し、常に新しいゲーム機が研究開発されているのですね。

タグ: , , , ,