任天堂について

ゲーム機等でおなじみの“任天堂”。

あなたは、この会会社名を耳にしたことがあるでしょうか?私は子供のころ、両親が遊んでいた花札の製造者として認識したのが初めてでした。

あなたも、一度くらいは耳にしたことがある会社ですよね。

現在ではたいへん名高いゲーム製造者ですね

任天堂の正式呼び名は任天堂株式会社と言います。

玩具をはじめ、ゲーム等を作製しているニッポンの株式会社であって、ご家族用ゲーム市場ではは、ニッポン国内では最大級の専門業者です。

ニッポンだけでなくワールド段階から見ても最大級の専門業者でしょう、。

昔からあるのは、任天堂の麻雀や囲碁、将棋、花札等でしょう、。

これらの用具を作製している製造者として、ニッポン中の人が知っている専門業者ではないでしょうか。

任天堂のプレイ道具やゲームが一家に一体、どれくらいあるのか。

我が家には子供が二人いますから、それを数えるだけだとしても大変でしょう。

さて、ここで任天堂に対して、容易にお話しましょう。

任天堂の本社は京都に有ります

1889年9月に創立した会社です。

1889年と言いますから、案外、それほど古い会社ではないことがわかりましたね。

任天堂は、初めのころ、あなたもごぞんじの花札やトランプなどの作製業を行っていました。

同じ時に玩具製造者としての地盤を固めていました。

当時は、ウルトラハンドなどの“ギミック付き玩具”をヒット品物として生み出しました。

これを覚えている方、いらっしゃるでしょうか。

懐かしいですよね。

任天堂についてその2


そして、あなたも記憶に新しいとおもいますが、1980年にあの画期的な携帯型ゲーム機である、ゲーム&ウオッチを売り出ししました

私も子供のころ持っていましたが、あんな小さくて何処だとしても出来るゲーム機なんて、それまで存在しなかったので、たいへん驚きました。

大ヒットしたのはよく覚えています。

子供はあれが大おお好みでしたからね。

親におねだりしたりして、やっと買ってもらえたことが有ります。

そしてゲームをやりすぎて怒られました。

あなたも子供のころは私と同様に、つい楽しくてやりすぎていたことでしょうね。

そして、その後、1983年にファミリーコンピュータが任天堂から売り出しされました。

85年に売り出しされた、スーパーマリオブラザーズ。

これは、ニッポンだけでなく全ワールドで大ヒットしましたよね。

このことで、任天堂はゲームソフト市場でそのTOPと言う地位を獲得したのです。

2008年になってもゲームソフト市販では、ニッポンで、そしてワールドで堂々1位です。

2010年、ゲームのハードでは売り上げもワールド一です。

これは、携帯、据え置き両方ともワールド1位と言いますから常にTOPにいる専門業者ですのですね

と言うのは言え、任天堂は、創業当初からの“玩具製造者であること”を貫いているやうです。

ですので、玩具ではも、最大級の製造者と言えます

任天堂は、自分の会社には、ゲーム機を創る工場は持っていません。

では、何処で作製しているのでしょうか?

任天堂についてその3


昔、任天堂のゲームは、ニッポンに存在する某会社の工場で作製、そして組立をしていましたが、近年では、中国に存在する工場で作製しています。

中国で作製していると言っても、任天堂のゲームソフト品質は定評が有ります。

その評判と評判は近年も落ちることなく、市販実績が100万本を超えるソフトを沢山持っています。

その上、市販実績が400万本以上もある超評判ゲームソフトのシリーズも数多く、存在するので、その評判はすごいですね。

ワールド市場ではは、シリーズ物の中だとしても、市販実績が1000万本を超えたものがあると言います。

ですので、国内、国外における任天堂の影響力はすごいものです。

任天堂の“Touch!Generations”ですが、このシリーズを売り出しした後、他の製造者もそれと同様のコンセプトを持ったソフトを売り出ししました。

任天堂の評判にあやかろうとする他の製造者の存在が沢山ことから、任天堂がこの市場のリーダー的存在であることが分かりますね。

任天堂は、ゲーム関連の市販実績だけでなく、“IGN”をはじめ、多様な格付レビューサイトだとしても良い評判です、。

平均して9点以上を獲得していると言います。

こんな高得点の製造者はニッポンにはそうございません。

ニッポンだけでなく、外国を中心として形成されたゲーム市場ワールド市場だとしても、上の方です、。

年間ワールド市販本数では、任天堂は常に上の方に入っていますから、ゲーム市場での存在感の大きさと言ったら、それはすごいものでしょう。

タグ: , , , ,