公衆無線LANで利用出来る機材

前回のWi-Fiの記事の中けれども触れましたが、近頃、無線LANに繋げるものと言うのが、パーソナルコンピュータだけというのは限らなくなってきました。
ひと昔前まででしたら、無線LANと言いますと明らかにパーソナルコンピュータ用語でしたし、無線LANと聴きますと早速パーソナルコンピュータと結び付けるのが通例であったとおもいます。
公衆無線LANが設備されてきた近頃になって、初めて無線LANはパーソナルコンピュータだけのものではないと言う認識が広まりつつ有ります。
でも依然いっぱいのかたがたにとっては、無線LAN=パーソナルコンピュータと言う図式になっているかもしれません。
時代は、猛スピードで進んでいますから、その辺の図式もたくさん変えてゆく必要が有ります。
近頃、公衆無線LANを利用出来る機材は、パーソナルコンピュータの他にもPDAですとか、近頃トレンドりのスマホ等もやうですね。
このくらいなら依然当たり前のような感覚がしますが、一層進んでデジタルカメラも無線LANに繋げることが出来るです。
今、録画したばっかりの写真を以て、ウェブのアルバムに送信したり、デジタルフォトフレームに送信したりして、楽しめるようになったのです。
こうしたことが出来るになると、外国旅行先の写真も、アッと言う間にニホンの身内や友人たちのところへ届き、全くリアルタイムで探ることが出来ますよね。
又、PSPやNintendo-DSと言う携帯のゲーム機器も無線LANに繋いで楽しむことが出来るようになりました。
ゲーム機のケースではには、無線LANを利用することで、何処にいてもオンライン上の知らない誰かと、対戦ゲームを楽しむことが出来るのです。
又、携帯音楽プレーヤーも無線LANに繋ぐことが出来るようになっていますから、もっと出先も退屈すること等あり得ませんね。

無線LANのルーターに対して

無線LANを行なおうと思ったところ欠かせないものとして「ルーター」が有りますが、無線LAN自体を細かくご存知ないかたにとりましては、このルーターも、よくわからないものだとおもいます。
本日は、ルーターに対して、少しお話させてちょうだい。
相当イージーに結論から申しますと、ルーターと言うのは、いわゆるアクセスポイントの使命を果たすものと言うとわかり易いでしょうか。
数いっぱい台のコンピューターを持つ小ぢんまりとした内輪のネットワークから、外側のネットワークへと橋渡しする機材のことを言います。
つまり、ごファミリー内や、社内のLANを、インターネット回線に繋げる装置なのです。
似たような装置として「無線アクセスポイント」と言う装置も有ります。
これは、無線LANで接続望むと言うクライアントの為に、無線LANと有線LANを相互に変換してくれる装置なのです。
アクセスポイントは、たった相互に変換だけを行ないますから、有線クライアントであっても、無線クライアントであってもおんなじごファミリー内LANとして取り扱われることになります。
ルーターと、無線アクセスポイントの両方の使命を果たしてくれるのが、無線LANルーターと言うことになりますから、近頃、ルーター等を一台も持ち歩いていないごごファミリーでは、無線LANルーターが一台あるとベストワンではないでしょうか。
事実のショップ舗へ行きますと、無線アクセスポイントよりも無線LANルーターのほうが、品ぞろえも良いですし、価値もお安く設定されています。
ですので、無線アクセスポイントの方がより良い装置だと勘差異するかたもいらっしゃるやうですが、そういうわけではございません。
無線LANルーターのほうが楽で売れ行きが良いため、価値もお安く設定出来るのだとおもわれます。

タグ: , , , ,