無線LANの機材

無線LANを始めようとしても、その機材がいっぱいある為に、どれが良いのか中々わかりませんね。
無線LANには各様な方式が有りますが、中それでも、最も普及しているのが、IEEE 802.11と言うシリーズでしょう。
近頃、よく耳にいたします「Wi-Fi(ワイファイ)」と呼ばれるものが有りますが、このWi-FiはIEEE 802.11機材にかんする市場団体の「Wi-Fi Alliance(ワイファイアライアンス)」によって、無線LAN機材間における相互接続性を認証されたことを示す呼び名、またはブランドのことなのです。
これは、また機会を設けて更にご解説することにいたしましょう。
話をもとに戻しまして、無線LANの機材の中それでは、IEEE 802.11と言うシリーズが最も普及しているのですが、それほ何処れでなくては駄目と言うことではございません。
機材を選ぶときにポイントとなるところが、いくつかあるとおもいます。
例えば、「規格の種別」ですね。
主な規格として、IEEE802.11n、IEEE802.11g、IEEE802.11g、IEEE802.11b等が有ります。
こうして、「無線子機の種別」も選ぶときのポイントとなるでしょう。
無線子機の種別と言うのは、無線USB子機であったり、無線LANカードであったり、そういうもののことです。
近頃のパーソナルコンピュータでは、無線LANが内蔵されているものもいっぱいなってきていますので、そういうケースではには子機は必要ございません。
こうして、ごファミリー内LANのケースではに選ぶポイントとなって表れるのが、有害サイトブロックシステムを持つかどうかと言うことでしょう。
このシステムは有料ですし、又、お子様の年齢にもよりますが、大人であってもウイルスや詐欺サイトからも守られますから、利用することをおススメいたしますよ。

無線LANの規格(IEEE 802.11)

無線LANの機材は、無線局の免許が必要なものと、不必要なものとが有ります。
前回、主な規格としてごインフォメーションいたしました、IEEE 802.11は、免許が不要なものですので大きく普及しています。
1997年、IEEEで初めに規格統一された無線LAN規格がこれなのです。
読み方は、英語のケースでは、「I triple E eight O two dot eleven(アイ トリプル イー エイト オー ツー ドット イレブン)」と読み、ニホンでは、「はちまるに てん いちいち」と叫ぶことがたくさんやうです。
ほんのり専門的なお話になりますが、IEEE 802.11は、主に物理レイヤ規格とMACレイヤ規格から構成されています。
雰囲気といたしましては、一つのMACレイヤ規格で数いっぱいの物理レイヤ規格を後援してくれます。
又、2.4GHz帯の無線だけでなく、赤外線の物理レイヤも後援する規格です。
具体的に言いますと、物理レイヤとして、スペクトラム拡散のうち、直接拡散方式のものや周波数ホッピング方式のもの、赤外線方式のものの3種別が規定されています。
伝送速度については、物理レイヤでの理論値1M、2Mbpsを実現しています。
MACレイヤにつきましては、CSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance) 方式によっているのが雰囲気でしょう。
CSMA/CA方式と言いますのは「Listen Before Talk」方式と申しまして、直訳いたしますと「話す前に聴け」と言う原理によるアクセス制御方式のことです。
わかりやすく言いなおせば、自身がパケット信号を送信しようと思ったケースでは、とにかく、アンテナにより他の装置がパケット信号を出していないかどうかを、確かめてから送信する・・・と言う、すさまじく単純な機構を採用したアクセス制御方式なのです。

Wi-Fiに対して

近ころ、すさまじくよく耳にいたします「Wi-Fi(ワイファイ)」ですが、これにつきましては、以前にも早急触れさせていただきました。
Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)により、無線LAN機材間における相互接続性を認証されたことを示す呼び名、或いはブランドのことでしたね。
正確に申しますと違うのですが、無線LANのことをWi-Fiと叫ぶケースではも多々あるやうです。
因みにワイファイ アライアンスと言いますのは、USA合衆国に本拠を据え置く市場団体のことを言います。
本日は、このWi-Fiに関しましてもう少し、明るいご解説をしたいとおもいます。
前回、お話いたしました通信規格の「IEEE 802.11」ですが、これによる無線機材間の相互接続性等につきまして、Wi-Fi Allianceによって認定された機材には、Wi-Fiのロゴの利用が許可されることになっています。
近頃それでは、当初より予定されていましたモバイルコンピューティング機材(タブレットやネット本等)のLAN(ローカルスポットネットワーク)だけでなく、PSPですとか、Nintendo-DSといった携帯のゲーム機器や、パーキングスポットSサービススポットGE DUPLEなどのVoIP採用携帯電話、デジタルカメラ、音楽プレーヤーなどの家電生産品にも採用されるようになりました。
さらに、セキュリティを向上させるための高度道路交通システムや、モバイル通信、統計情報の収集等を後援する為に、ハイスピード道路内において、自動車がWi-Fiを活用出来るようにするための新設標準規格を開発中だと言うことです。
Wi-Fiの活用につきましては、「公衆無線LANというのは」の記事でごインフォメーションいたしましたように、空港や駅、ホテル、ファストフードショップ等で出来るとなっています。
こうして、そういうエリアの事を、無線LANスポット、ホットスポット等と呼んでいます。

タグ: , , , ,