無線LANというのは

無線LANと言う言葉は、とうにずいぶんと昔から使われている言葉ですから、大概のかたはご存知でしょうね。
とくに、こうしてインターネット回線をなさっているかたでしたら、知らないかたの方がわずかのではないでしょうか。
いま一つ、普及している無線LANですが、でも依然、ご存知ないかたはいらっしゃるでしょう。
無線LANを必要としないかたにとっては、わかる必要もない言葉ですからね。
実に、必要なかただけが知っていれば嬉しい言葉なのですが、言葉だけがあまりにも大きく知れ渡っているのに、今さらその趣旨合いがわからないというのは言えない・・・そんなふうに悩んでいるかたもいらっしゃるとおもいます。
そんなかたの為に、この度はご解説したいとおもいます。
無線LANと言いますのは、別名として「ワイヤレスLAN」とも言いますが、無線としてコミュニケーションをおこなうLANシステムのことを言います。
が、このような解説は、おそらく「無線LAN」と言う言葉を見ればだいたいの察しが付くのであって、引っかかるのは「LAN」のほうではないですか。
LANは、「Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)」の略語です。
ローカル・スポットと言うのは、例えば、一つの自社ですとか、ごファミリー内と言うちっちゃなスポットのことを指します。
その小ぢんまりしたスポットにおいて構築されているコンピューターのネットワークのことを言う。
もっとイージーに言いますと、ごファミリー内に3つのパーソナルコンピュータがあるとして、それらを全て無線によって繋げ、どのパーソナルコンピュータの趣旨にもアクセス出来る実態にすると言うことですね。
これけれどもう、みなさま無線LANがお分かりいただけましたか。

公衆無線LANというのは

無線LANが、いかなるものであるのか、前回の記事を読んで下さったかたは全員、お分かりいただけたのではないでしょうか。
今さら、人に聴きがたいパーソナルコンピュータ用語ですよね。
この無線LANに「公衆」と言う言葉が付き「公衆無線LAN」と言う言葉も、近頃、でき上がりました。
無線LANが把握出来たあなたは、公衆無線LANがいかなるものであるのか、更に推測出来るようになったのではないでしょうか。
公衆と言うこというのは中位誰でもが利用出来る、と言うことだから、誰でも利用出来る無線LANと言うことになります。
ですが、誰とでもパーソナルコンピュータのネットワークを繋ぐ、と言うことではございません。
このケースではには、誰でも無線LANを利用してインターネット回線に繋げることが出来ることを言います。
こうして、近頃、この公衆無線LANが利用とれるエリアと言うのが、ジャンジャンふえています。
そういうエリアの事を叫ぶ言葉も、いっぱい適いあがってきました。
例えば、無線LANスポット、アクセスポイント、ホットスポット、フリースポット等です。
このような表示のあるエリアまずは、持参のパーソナルコンピュータ等で、どなたでもインターネット回線に繋ぐことが出来るのです。
近頃では、いかなるエリアに公衆無線LANが設置されているかと申しますと、空港や鉄道の駅、ファストフードをはじめとしたレストラン、ホテル等ですね。
外国でも勿論設置されていますから、外国旅行先でのインターネット回線も出来るです。
外国の強国では、ニホンよりも再び普及が進んでいて、住宅街や病院、大学等にも設置されています。

無線LANのセキュリティ

よく、「無線LANは恐ろしいから、セキュリティをしっかりしなくてはいけない」と言われますが、あなたも一度や二度くらいは聞いたことが有りますでしょう。
確かに、無線での通信なのですから、見ず知らずの誰かに通信趣旨を傍受浴びる気配は至極有ります。
その為にどうしてするかと申しますと、無線LANのアクセスポイントと、通信をする機材(パーソナルコンピュータ等)とのセキュリティ対策が必要となります。
例えば一つのノウハウといたしまして、「ネットワークキー」と呼ばれているパスワードを用い、通信出来るなコンピューターをそのネットワークキーをわかるコンピューターのみに限定させると言うやりかたが有ります。
これですと、リスキーはグンと減りますね。
他のノウハウでは、通信を暗号化させると言うノウハウも有りますね。
こうした暗号化させるセキュリティノウハウとして、WEP、Wパーキングスポット、Wパーキングスポット2、IEEE 802.11i等と呼ばれているものが有ります。
これらの暗号化通信まずは、ネットワークキーによって通信機材を限定すると言う目標のほかに、通信趣旨を暗号化することで通信趣旨の傍受を防ぐと言う目標も有ります。
機密のメイルのやり取りによく暗号化が利用浴びると言う話を聞いたことがございませんか。
これは、無線LANも扱うことが出来ます。
以前は、暗号化してもその解読にすさまじく時間が陥ると言うウィークポイントもありましたが、近頃では、解読のノウハウも進んできたため、時間もかからなくなってきたやうです。
パーソナルコンピュータ内には、プライバシー等が保全されているケースではがたくさんですから、セキュリティには腹いっぱい、忠告を払ったほうが良いとおもいます。

タグ: , , , ,